クラチャイダムゴールドの副作用

クラチャイダムゴールドの品質管理や安全基準は大丈夫?

20160730202935-e1469878204513  クラチャイダムゴールド

数多くの一般の人々が口にするような、有名なお菓子メーカーや食品メーカーの製品製造工程なら「まあ普通にちゃんとしているでしょう」という暗黙の安心感のようものもありますよね。

しかし精力剤サプリメントなどの場合、製造工程はどうなってるのだろう?安心して良いのだろうか?と一抹の不安を感じている方もいると思います。

私もクラチャイダムゴールドを飲む前は少しだけこの部分に不安がありました。なにせ直接飲んで吸収するわけですから、安心して飲みたいですからね。

そこで今回は、クラチャイダムゴールドの製造工程や品質管理について調べてみました。

クラチャイダムゴールドの品質管理

20160730202935-e1469878204513  クラチャイダムゴールド

クラチャイダムゴールドの製造・販売メーカーである「日本サプリメントフーズ」では、製品製造かてい工程における品質管理を徹底しています。

公式HPや販売元メーカーのサイトにもしっかり載っていますが、その証となるのが、認定を受けている数々の規定。

 

そのまず1つ目が、「JIHFS(日本健康食品規格協会)」が取り決めている規範、「GMP基準」です。

これは、「Good Manufacturing Practice(適正製造規範)」の頭文字をとったもので、

健康食品やサプリメントを製造する会社に対して、工場の構造や設備がどのように作られ、運用されているか、工場の保守・点検・管理、製品の品質管理、衛生管理、製造管理など細部にわたって

規則や規格、作業手順書を設け、全ての工程にわたってそれらをチェックしています。

その記録を残すことが求められており、本当に決められた規則や基準が守られているのか、実際に製品は規格どおりに製造されるシステムになっているかということに関してJIHFSが、実際に工場の査察を行い、チェックしてその結果を評価することで与えられる認定です。

また、農林水産省が管理する、有機食品のJAS規格に適合した製造が行われていると認められた商品だけが貼ることを許される「有機JASマーク」も取得しています。

 

害のあるものの混入も徹底して排除

さらに「日本サプリメントフーズ」が取得しているものに「HACCP」というものがあります。

なんだか横文字ばかりでわかりにくいですが笑

これは、「Hazzard Analysis and Critical Control Point」の略。

食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析(Hazzard Analysis)し、その結果に基づいて、製造工程のどの工程でどのような対策を講じれば、より安全な製品を製造できるかという重要管理点(CriticalControl Point)を定め、これを継続的に監視することにより製品の安全を確保しようという衛生管理の手法です。

同社は、この「HACCP」に準拠しています。

さらに、「残留農薬検査」も行い、農林水産省が設定している基準をクリアしています。

こうしたことから、クラチャイダムゴールドは安心して服用できるサプリメントであると太鼓判を押された製品と言えますね。

正直、ここまで製品の安全基準を公開している精力剤は少ないので、品質の信頼度で言えば高い方ではないかと。

クラチャイダムゴールドが人気でリピーターも多いのは、こういった点がしっかりしているからというのも大きな要因なんじゃないかと思います。

やっぱり適当に管理されている製品というのは、消費者側も使っているうちになんとなく気づきますからね。

公式HPにも詳しくポリシーが書いてありますので、一度目を通してみると納得すると思います◎